[太陽光発電]施工後の手直し工事

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

明けましておめでとうございます!

今年も本ブログをよろしくお願いいたします。

自己満足日記ではありますが、今年はもうちょっとマメにポストしていきたいと思っております。

太陽光パネル設置後の手直し工事

補強板のビスが垂木に通っていない!

垂木に打たれていない補強版のビス[太陽光発電]垂木に打たれていない補強版のビス

太陽光発電

2012/12/16に設置が終わった太陽光パネルですが、後日、屋根裏部屋を確認したところ

垂木から何カ所も補強板のビスが外れて打たれてるではないですか。

補強版ビスの増し打ち[太陽光発電]補強版ビスの増し打ち

太陽光発電

今後数十年は屋根のことで不安になって過ごさないためにも、屋根はしっかり施工して欲しかったので、業者に屋根裏の状況を連絡して昨年12/28に手直しに来てもらいました。

補強板のビスが垂木に通っていないところをしっかりと補修し、それ以外の補強板も全体見て直してもらい念のため全体の補強板取付け箇所にはビスの増し打ちをしたとのことです。(右の写真は再工事後に業者から作業報告としてもらったものです)

もし、屋根裏がのぞけるような場合は、自分の目で確認したほうが良いです。

支持金具取付ビスも野地板貫通

野地板を突き出た支持金具のビス(問題なし)[太陽光発電]野地板を突き出た指示金具のビス(問題なし)

太陽光発電

支持金具を取付けたビスも、補強板と野地板を突っ切ってこんな具合に突き出てます。

これは特に問題ないと業者の人が言ってました。

補強板枠とビス自体にコーキングされてるみたいなので業者の言ってることは正しいと思われます。

ストリングとアレイの解放電圧測定

7直列ストリングの解放電圧測定[太陽光発電]7直列ストリングの解放電圧測定

太陽光発電

この日、各ストリングの電圧測定(解放電圧)も改めて測定しその結果を教えてもらいました。

うちのパネルは7直列3並列×2アレイの構成です。

2つの接続箱に入ってくる3並列×2の6系統のストリングの解放電圧の結果は、各ストリング324V~326Vに収まっていてそこそこバランスとれている様です。

昨年中の連携開始できず

結局、昨年中の連携(売電)開始はできませんでした。

東電さん、少しでも早い調整をお願いしますm(__)m

This entry was posted in 太陽光発電 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。