スマホでOBD2(OBD2+Bluetooth+Android+OBD Info-san!)


車のエンジン情報を見てみたい。

車の走行状態(エンジンの状態)をもっと詳しく知りたい。
これは車に興味を持ち出した当時からずっと思っていたこと。

最近、ネットを見ていたら簡単にそれらをモニタできる仕組みがあることを知った。
それはOBD2というコネクタから様々な車の信号がとれる。というもの。

OBD2とは車載信号を取得したり、車のコンピュータを操作するために統一された規格のことで、
最近の車であればコネクタを装備することがメーカーに義務づけられている。
そのため、大概の日本車には備わってることになる。

その車のOBD2コネクタから信号を取りBluetoothでスマホに飛ばすアイテムが安く売っている。
特に、ELM社のELM327というチップを使ったデバイスが有名みたい。

 
さて、ここから取り出した信号を見える化するのには、いくつか準備が必要。
  1. OBD2信号を車から抜きだしスマホに飛ばすためのスキャナ(上記アイテム)
  2. 情報を表示させるためのモニタ。Androidスマートフォン(Bluetooth機能あり)を使う
  3. 情報を取得し表示するためのスマホのアプリケーション
まずは車からOBD2信号を抜きだしスマホに飛ばすためのOBD2スキャンツール。
Amazonや楽天の通販サイトで「OBD2」と入れて検索すれば、
それらしきアイテムがたくさん引っかかる。

1000円しない安物から数万円するものまで。
ディスプレーと一体になった専用品もあるがたいてい値段が高い。
安いのは中国製のバッタもんだったり、思うような動作しなかったり問題が多い模様。

お遊び程度に考えてるので、上記の2000円程度のOBD2スキャンツールを買ってみた。
8cmCDが付いてきたがネット情報ではウィルスやマルウェアが紛れ込んでいるようで
怖いのでそれは使っていない。とりあえず見なくても使えてるのでよしとする。

Bluetoothで情報を飛ばすため配線は不要。
Bluetoothを受けるデバイスは手元にあるスマホ(Android)を使えばよい。
今回の実験に使ったスマホはGalaxyS3(SC-06D)。OSはAndroid4.1.2。

セットアップ

OBD2のコネツタのありかを探す。

たいていは運転席の足元にあることが多い。姿は白色の台形をしたコネクタ。
そもそも、コネクタは手の届くところで覆われていてはいけない。という規格なのだそうで
誰にでも見つけることができると思う。

OBD2のスキャナーを取り付ける

難しい事はなくただコネクタにスキャナを差し込むだけ。

アルファード(ANH25W)の場合、アクセルに近いところにあり、
下手に足が触れて外れそうである。
高さの低い小型のスキャナの方が安心かもしれない。

今回のスキャナは電源スイッチはなくコネクタに差し込むと
車の常時電源から通電しスイッチが入る。
なので、キーオフでも微量の電力消費があるので、たまにしか運転しない人は
バッテリーが上がらないように、使わないときは外しておいたほうがよいと思う。

スマホとBluetoothペアリング

スマホでBluetooth信号を捕まえ、スキャナとペアリングを行う。

ここでドツボにはまったので、顛末を残しておく。
スマホ(自分の場合はSC-06D、GalaxyS3)のBluetoothを有効にすると、
間もなくOBD2というペアリングポイントを検出。
タップしてペアリング開始すると、ペアリングのキー入力を促される。

安物のせいか説明書もなく、キーなど知らない。
もしかしたら付属のCD-ROMの中に書かれてるのかもしれないが、
適当に「0000」とか「1234」とか入れてみる。

「1234」でキーは通った模様。
ただ、20秒くらいすると「ペアリングに失敗」となってしまう。

あとでわかったがこの段階ではこのままでよかったみたい。
スキャナとスマホのコネクションの確立はこの段階ではできないのが正しい挙動のようで
それに気づくまで無駄な時間を費やしてしまった。

 

アプリインストール

スマホ上でその信号を可視化するには、専用のアプリが必要。
まずは動作確認のためにGooglePlayから無料のOBD2アプリをインストールしてみる。
使ったのはOBD Info-san!トライアル版
レビュー見る限り最も安定しているアプリで対応車種の幅も多いみたい。
機能制限があるがとりあえず動作確認なのでこれでよい。
使い勝手が良かったらフル機能版を購入しよう。

 

アプリを起動

インストールが終わったらOBD Info-san!トライアル版を起動。
設定から[Bluetoothデバイスの選択]を選ぶと、先ほどペアリングした際の「OBD2」が選択できる。

設定から戻って画面上の「InstrumentPanel」をタップするとOBD2スキャナと通信始めた。
スマホ上部のBluetoothマークもコネクション張れている状態になっている。
要するにスキャナとスマホとのペアリングは
このアプリによる接続のタイミングに張れるようである。

こんな感じに車の情報が取れる。

スマホでOBD2

スマホでOBD2



 

 

スマホ上でどんな情報を見るか?(見れるか?)については
車の仕様であったりアプリ側の機能次第ということになる。

なお、アプリはフリーのものも転がっているので、
お金を払いたくなければそれらを使ってもよさそう。

フリーのOBD2情報ソフトの中でも多機能で動作が確認できたのはこれ。

Torque Lite (OBD2 & Car)

ただし全て英語です。

アプリはいくつか使ってみて、最終的に日本語対応で使いやすかったのは
やはり国産の OBD Info-san! でした。結局お金払ってアプリを使ってます。

バキュームの値を取りたかったんですが
うちのアルファード(ANH25W)の場合、取れませんでした。
ここはすこし残念なところ。

This entry was posted in 趣味, and tagged , , . Bookmark the permalink.

3 Responses to スマホでOBD2(OBD2+Bluetooth+Android+OBD Info-san!)

  1. ハシモト says:

    こんにちはこの度ELM327を買いInfo-sanのトライアル版で先ずは確認してから
    購入を考えていましたがボルトと時計のみ表示されましたが他が駄目そうですが
    フォードF250 2001年ガソリン車はやはり対応していませんか。
    分かる範囲でいいので教えていただけますか。
    よろしくお願いいたします。

    • 管理人 says:

      ハシモトさま
      コメントありがとうございます。またお返事遅くなりすみません。
      アプリInfo-sanのサイトに掲載されている動作確認車(http://www.geocities.jp/ganchi_jp/AppObdInfoSan/car.html にリンクされているPDFファイル参照)
      にはフォードですとESCAPE2001年モデルで動作確認取れてる要ですが、それ以外の車種については書かれていないので、F250についてはちょっとわかりかねます。すみません。

      解決にはなりませんが、使えない原因を
      ①アプリ(Info-san)のプロトコル設定がずれているのか
      ②アプリ(Info-san)がこの車種に対応していないのか
      ③ELM327本体に問題があるのか
      ④そもそもF250がODB規格に対応していないのか…(これは可能性低いと思いますが)
      それぞれ切り分けていくしかないかもしれませんね。

  2. yoshiki says:

    odb info-sun(有料)を使っていますが、燃費が随分と違います。どうしたらよいのかわからないのですが。補正係数が特にわかりません。
    メーターでは、17Kmほど出ますが実際は12Kmです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。