東日本大震災の傷あと –アルファード板金–

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

今日は東京の水道水から幼児の摂取基準を上回る放射性物質が検出される。というニュースが流れ、即座に健康に影響は無いとはいうものの着実に身に歩み寄っている現実に一抹の恐怖を感じてる。被災地の復興と、余計な心配の要らない平穏な生活が戻ることを願うばかり。

さて、先日の地震で、うちのアルファードも小さいながら被害を被った。



壁に立てかけていたテーブルの天板が駐車していたアルファードに倒れ、助手席ドアとリアスライドドアに見事にヒット!重量級の車体と柔らかいサスでゆっさゆっさと揺れ、ボディとエアロに痛々しい傷を付けられてしまった。

ドアパネル2枚の板金とエアロ交換となると結構な出費なので自分で板金することに。耐水ペーパーで傷目に詰まったテーブルの塗料を落としコンパウンドで塗装面を磨く。時間はかかるが傷があった場所がわからないレベルまでに修復。

一方エアロは、天板のコーナーとすれて表面のゲルコートが削られ、FRPの生地まで見えていた。ここはタッチアップペイントを幾重にも重ね塗りし厚く盛る。このまましばらく放置ってことで、続きの補修は今週末にやろうっと。

手間はかかるけど数千円でリペアができる。

This entry was posted in and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。