アルファードのオーディオレス8スピーカーの謎

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

アルファード(ANH25W)のオーディオレスのグレードにはカタログ上8スピーカー装着されている事になっているが、どう数えても6つしか見あたらない。取扱説明書ではスピーカーについては一切触れられていなかったりする。

フロントダッシュボードのAピラー付け根に2つ。フロントドアに2つ。リアスライドドアに2つの計6つはわかっているのだが、残り2個はどこにあるんだ?3列目にあるのか?

ない。どこにも見あたらない。

カタログを見ると「スライドドアスピーカー、天井アクチュエーターなど8スピーカーを搭載。【全車標準装備】」とある。この「天井アクチュエーター」というのが怪しい。

天井アクチュエーターをそのまま解釈すると、天井を(振動板として)駆動させる運動装置。てことになる。そんなものが入ってるのか…とあらためて天井を眺めてみても外見からはわからない。

音を出した状態で天井に手を当てて探ると、あったあった。スライドドア上部のルームランプ脇あたりに、左右1つずつ震動源があり、スピーカーらしき音が天井の中から聞こえてくる。天井アクチュエーターとはこのことか。

————

話は飛ぶが、この謎の2スピーカーを探すきっかけとなった経緯を…

オーディオがよく聞こえないので音を大きくしてくれないか?と後部座席の同乗者からリクエストを受けたことが何回かあった。フロントに座って聴いている分にはそこそこ大きな音に聞こえるのでほんとかいな?と後部座席に座ってみると、確かに音が小さい。

ニュースなんかを聞いていると、キャスターのしゃべっている内容が聞き取りにくかった。なのでセッティングでリアスピーカーの出力ゲインをめいいっぱい上げて、なんとかごまかして使っている。

そんななか不明の2スピーカーは本当に付いているのか?そもそも付いていないんじゃないか?と疑っていろいろネットを調べたところ、天井アクチュエーターという存在に気づき、さらにスライドドアスピーカーとこの天井アクチュエータはネットワーク組まれていて、社外オーディオの場合「悪さする方向に働いている」と言うことを知った!!

————

ここに、そのネットワークの装置を見つけた記事があり、スライドドアのフルレンジを低音用に、天井のフワフワしたカーペット素材の振動板(天井スピーカ)に高音と分けてるらしく、意味不明のセッティング。想像だけど純正ナビ(オーディオ)のセッティングにあわせたシロモノと勘ぐっている。このネットワークをキャンセルするだけで音場が改善したというレポートが結構あったので、試す価値ありだと思う。

ちなみにオーディオ知識と電子工作が出来る方なら簡単にネットワークをキャンセルさせられるが、こんな便利なカプラーオンのクロスオーバーキャンセラーが売られているので、手っ取り早く改善させたい方はこちらをどうぞ。

2012/1/10 追記
上記楽天市場のショップでクロスオーバーキャンセラーを購入しました。
年末年始だったためか商品が届くまで数日かかりましたが、無事佐川急便で到着。

アルファードリアスピーカー音質改善 クロスオーバーキャンセラー

アルファードリアスピーカー音質改善 クロスオーバーキャンセラー



早速、取り付けてみました。腕が細いのが幸い、ちょっと狭いですが助手席シートを一番前に押し出して、カプラーオン。誰でもできる簡単作業です。

アルファード後部座席音質改善 クロスオーバーキャンセラー取り付け

クロスオーバーキャンセラー取り付け


  1. 助手席を一番前に押し出す
  2. 白いカプラーが見えるので隙間から手を突っ込み、カプラーを外す。
  3. 購入したクロスオーバーキャンセラーを間にはさむ。
上げていたリアスピーカーゲインをフラットに戻し、オーディオを鳴らしてみたらしっかりと音が出ていた。

今まで運転席のバランスがゆがんだような音場がすっきり聞こえるようになり、後部座席も解像度がハッキリするようになった。3列目の同乗者からもよく音が聞こえるようになったよ。とのこと。

3000円しない投資でこれだけの改善があったので満足です。オススメ!


This entry was posted in and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。