Category Archives: D51を作る

デアゴスティーニ社の週刊クラフトマガジン「蒸気機関車D51を作る」を100巻連載で組み立てます。

[鐵ネタ]蒸気機関車D51を作る ~まとめて塗装編~

先輪台車、テンダー台車、バックプレートやランニングボードをまとめて塗装しています。

写真はプライマーを吹き付けているところ。摺動部や真鍮の地を出したいところは事前にマスキングしてね。

ちなみにこのデゴイチは結構な面積を塗るので、カー用品のソフト99のボデーペン プラサフを使っています。

蒸気機関車D51を作る まとめて塗装

蒸気機関車D51を作る まとめて塗装



プラサフが乾いたらツヤ消し黒のアクリルスプレーで黒く塗装していきます。

アサヒペン EXアクリルスプレー ツヤ消し黒を使ってます。一本200円しない安物です!

塗装が終わったら、先輪と従輪を組み、ランニングボードと砂撒き管を取付けました。

ボイラーとキャビンを仮組みして線路に乗せてみたところ。だいぶ機関車らしくなってきました。
機関車D51を作る デッキとテンダー仮組み鐵ネタ]機関車D51を作るデッキとテンダー 仮組み
ただ、デフレクターを付けていないのでなんか間抜けですね。おまけに煙室に工具を落としてしまい、凹んだところが剥げてて、なおさら間抜け。
機関車D51を作る デッキとテンダー仮組み鐵ネタ]機関車D51を作る デッキとテンダー仮組み
見た目もいまいちだし、剥げたところを塗装し直してデフレクターを早く取り付けるか。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

Posted in D51を作る | Tagged , | Leave a comment

[鐵ネタ]蒸気機関車D51を作る キャビンとテンダーの組立て

今回も特に発売順ではなく手当たり次第、塗装単位になりそうなブロックをじゃんじゃん組立てていきます。
手元に号が揃ってると、組立の手順の前後とか、塗装順とかあまり意識せずに進められて楽ちんです。

先輪の台車、バックプレート、デッキ、キャビン、テンダーを組立てています。

テンダーは思った以上に大きいですね。缶ビールはご愛嬌。

機関車D51を作る キャビンとテンダーの組立て[鐵ネタ]機関車D51を作る デッキとテンダーの組立て
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

Posted in D51を作る | Tagged , | Leave a comment

[鐵ネタ]蒸気機関車D51を作る ~1年ぶり製作再開~

前回のD51製作の投稿を見ると、もう1年前にもなっていた。 ⇒ 37号・38号(ドームと梯子の塗装と装着)
ちょうど1年前は太陽光発電システムの設置に関心が移ったことでD51製作の意欲が落ちてしまって。。。

デアゴスティーニの「D51をつくる」は定期購読していたので、その間も隔週で部品が届き、部屋の片隅に未開封のまま山積みにになっていたのでした。
気がつけば90号まで届いていて、あとわずかで最終の100号じゃないですか。

[鐵ネタ]機関車D51を作る 山積みに

幼稚園に通い出した子供にも、「デゴイチゆっくり作ってるんだよね-。なかなか出来上がらないねー」と事あるごとに言われるようになってしまったし、製作再開です。

以前のように順番に作っていくの面倒くさくなり、取りかかり易いパーツから着手する。

製作中のデゴイチを置き場も兼ね、すでに届いていた台座と線路を組立ててみたところ。

機関車D51を作る 台座組立て[鐵ネタ]機関車D51を作る 台座組立て
台座は木の枠で4分割。六角ボルトでつなぎ合わせて出来上がり。

ブラスト音や汽笛などのギミックがあるらしく、スピーカーを天板の裏に取付けるらしい。スピーカーが2つあるのはなぜだろう?ステレオなのだろうか?
機関車D51を作る スピーカー[鐵ネタ]機関車D51を作る スピーカー
一体型のバラストは、部品だけ見ると少ししょぼかったが並べて遠目に見るとあまり気にならなくなったのでまぁよいか。枕木にプラスチックの犬釘(もどき)をはめていき、そこに真鍮のレールを差し込んでいく。
機関車D51を作る 線路[鐵ネタ]機関車D51を作る 線路
でもこのプラスチックの犬釘はちょっとリアリティに欠けていて残念。
機関車D51を作る 線路[鐵ネタ]機関車D51を作る 線路
台座と線路ができあがり、デゴイチの腰下を線路の上に載せてみた。

机にじかに置かれていた時より、ずっと”らしく“みえてきた!
機関車D51を作る 線路[鐵ネタ]機関車D51を作る 線路


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

Posted in D51を作る | Tagged , | Leave a comment

[鐵ネタ]蒸気機関車D51を作る 37号・38号(ドームと梯子の塗装と装着)

今日はデアゴの蒸気機関車D51をつくる の第37の塗装と38号を組立てていきます。

37号で届いたドームに汽笛を取付けます。接着には強度を持たせるためにエポキシを使いました。

これらドームや38号で届いたパーツの塗装を済ませます。ボイラーもこのタイミングで塗りました。

蒸気機関車D51を作る 37,38号 蒸気溜など塗装

蒸気機関車D51を作る 37,38号 ドームなど塗装



汽笛の共鳴室部分はメッキ地をの残しました。が、ちょっと金ピカで目立ちすぎるのでのちほどウェザリングして落ち着かせようと思います。

ボイラーとの設置面に薄くエポキシを塗り、ドームとボイラーを合体させます。塗装すると重厚感でますね。

あと梯子などの小物も接着していきます。

蒸気機関車D51を作る 37,38号 ボイラー

蒸気機関車D51を作る 37,38号 ボイラー



艶消し黒の塗装が黒光りしてます。イイ感じです。

蒸気機関車D51を作る 37,38号 ボイラー全貌

蒸気機関車D51を作る 37,38号 ボイラー全貌



次号39号は砂撒き管の組立なのですが、後に届くランボード取り付けの時に微調整が必要らしいので取付けず作業は後回し。なので40号の火室下部を取り付けていきます。


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

Posted in D51を作る | Tagged , | 1 Comment

[鐵ネタ]蒸気機関車D51を作る 37号(ドーム組立て)

今日はデアゴの蒸気機関車D51をつくる の第37号を組立てていきます。

ボイラーの上にあるコブですね。

デゴイチの場合、ボイラーの蒸気溜めと、動輪の空転防止用の砂が入っているドーム。です。

このドームに加減弁座と砂撒き管元栓を取付けます。

蒸気機関車D51を作る 37号 蒸気溜め

蒸気機関車D51を作る 37号 蒸気溜め



ここは取れないように、しっかりとエポキシ接着剤で固定。

蒸気機関車D51を作る 37号 加減弁座と砂撒き管元栓

蒸気機関車D51を作る 37号 加減弁座と砂撒き管元栓



ボイラーの上に乗せてみました。意外と大きいです。

ドームの固定は塗装後にする予定です。

蒸気機関車D51を作る 37号 ボイラーに乗せてみる

蒸気機関車D51を作る 37号 ボイラーに乗せてみる



次回はボイラーとドームを塗装して、ボイラーに取付けていきます。


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

Posted in D51を作る | Tagged , | Leave a comment