Tag Archives: 太陽光発電(検討・見積・契約)

[太陽光発電]太陽光発電システムも壊れる?

太陽光発電システムはメンテナンスフリー?

ほとんど可動部分はなく、基本、メンテナンスフリーな太陽光発電!といううたい文句ですが、本当なんでしょうか。

導入検討していた時にとても気になっていたことでした。

どれだけ壊れないものなのか、ほんとうにノーメンテで性能維持できるものなのか。

不具合に会われた方の情報や事例がなかなか見つからなくモヤモヤしていたところ、太陽光発電システムの不具合事例ファイル―PVRessQ!からの現地調査報告という不具合事例集の本があったので買って勉強してみました。長期間にわたりしっかり発電していきたいと思ってる方であれば、読んでおいて損はない一冊だと思います。



この本を読んでわかったことは、そもそも障害に気づくころは末期なことが多く、徐々に性能ダウンしていて、おかしいな。と思った時には悪化した症状が顕著になったとき。ということ。

普段からの発電実績の観察が重要

経年で予想発電量と実績の乖離割合の変化(徐々に乖離が進んでいく等)を観察してないと気づけない。ということ。
毎月の発電量の予測と実績はしっかり記録して、定点的にチェックが重要ということを学びました。

影は太陽光発電の敵

太陽光発電って、影になったら発電しない。というのは誰もが知ってる話とおもいますが、、、

故障(性能劣化)の主な原因は、結線不良やパネルのひび割れ、ごみなどで影ができホットスポット(局所的に内部抵抗が高まり周囲より温度が高いエリア)が発生してしまうためのようです。

その中でも落ち葉や鳥の糞が長期間パネルの上にあって、そこだけ内部抵抗が高い状態になり発熱、劣化するということが多いようです。それはモジュール全体、しいてはストリングやクラスタに影響を与えて全体の性能ダウンさせてしまう。

太陽光パネルに落ちる部分的な影はシステム全体に悪い影響を与えるということ。

まず屋根の上のパネルをはじからはじまでじっくり見ることはほぼ不可能ですし、ホットスポットは見た目じゃわからないようです。

ということからも5年先、10年先にかけての話になりますが、パネ ルの掃除や点検はしておいたほうがよさそうです。
業者選びは値段だけではなくアフターフォローの厚さやメンテスキルを有している業者を選んだほうがよい。ということですね。

最大発電量の計算

パネル一部に影がかかった場合、発電性能がどう変化するかの検証や、方角の異なる面に設置されたモジュールの組わせで、どのように発電量が見積もられるのか。など、わかりやすく解説されています。この本のおかげで直列並列のパネル組み合わせがどう発電量にあらわれるのかも理解できました。

少し電気に詳しい方であれば疑問もたれることかと思いますが、ストリングによって発電電圧が異なっていた場合におこる現象や、発電能力の異なるストリングを並列結合した場合も発電できますが、そのようなケースの発電特性の見積もり方なども勉強になりました。

まとめ

  • 劣化予防のため定期点検・清掃はしたほうがよい。ということ。
  • 壊れにくい発電システムだが、異常に気付くには長い目で発電予実の観察が必要。
  • あやしいな。とおもっても一般的な人では原因個所の特定は難しい。ということ。

Posted in 太陽光発電 | Tagged | 1 Comment

[太陽光発電]経産省の設置認可がおりた

ようやく2012年12月12日に経済産業省の太陽光発電システムの設置認可がおりました。

当初は1ヶ月くらいで結果が出ると聞いてたけれど2ヶ月かかりましたね。

東芝240w×42枚の10.08Kwは10Kw越えるため経産省の認可済みが必要なんです。

で、明日パネルの設置工事になります。
天気も回復するようなのでひと安心です。

Posted in 太陽光発電 | Tagged | Leave a comment

[太陽光発電]契約前にハラに落としておきたいこと

太陽光発電を決める前にハラに落としておきたいこと

発電のシミュレーションや、売電による収入計算は自分でしましょう。
販売店は責任取ってくれませんから。
販売店はそこまでリスク取りきれませんから。

で、心配性の自分は次の本で情報収集。
まー、営業さんが言っていることの大半は
この本の内容だって事が分りました。
読んでおいて損はありません。


とりわけ資格を取りたい訳じゃありませんが、
この本は素人さんでもわかりやすい様に書かれています。
というか、これ読んでアドバイザーになれるってホント?
この業界ってそんなレベルなん!??と思ってしまいましたが。

見積書見るとモジュール配置のアレイ(直列数、並列数)とか
出てきますが、これが変わるとどう発電に違いが出てくるのか?
とか知りたくてこの手の本を買ってみたのですが、
このアドバイザーの本にはそんな高度(?)な事は一つも出てきませんでした。

いろいろ探し回ったところ、パネルの組み方による発電特性とか
パネルに落ちた電線の陰の影響とか、わかりやすく解説した本を
見つけました。次回、ここで紹介します。

まず基本的なことをこの本で、
より深く知るには今度紹介する本で
勉強すると良さそうです。

太陽光発電の見積は自分で判断すること

太陽光発電の見積提案を複数の業者に出してもらい
説明までしてもらっていますが、どの業者も所詮
メーカーのシミュレーション値と、一般的な家庭の
ケースでしか提案してくれません。

東芝240w×42枚(10.08kw)南面 発電量シミュレーション

東芝240w×42枚(10.08kw)南面 発電量シミュレーション



発電量は天気次第だし、売電はどれだけ家庭で節電できるかわからないので
全くと言ってイイほどシミュレーション値に責任を持つ発言をしてくれません。
当然ですよね。。。
あと、営業さんがいろいろ太陽光説明について説明してくれるけど
自分が知りたいのはその先の原理とか原則みたいなところ。

言い換えるとメーカーのシミュレーションのロジックを知りたいし、
経済シミュレーションも方程式が知りたい。
でも販売店はそこまで説明してくれないです。

仕方ないので、自分で調べて、自分で式を立てて、
その結果を自分で判断し、納得すること。
もし想定とずれたら、それは自分の責任だし、誰のせいでもない。
国の政策、コロコロ変えられたらそりゃ怒るけど。

Posted in 太陽光発電 | Tagged | Leave a comment

[太陽光発電]市の補助金受けられず。。。

長蛇の市の補助金申請

太陽光発電のスペックが決まり、市の補助金申請(10/10に後期申請受付開始)に業者の方に列んで頂いたのですが、朝6時で長蛇の列。

先着50件。ということもあり、6時じゃすでに遅かった。。。

業者曰く順番は100人目くらいで、市の職員からはお引き取りください。との話だったよう

早起きして自分が列んでおけば良かった

業者任せにしていたのが悪かった。自分で早朝から様子を見に行き、列んでおけば良かったなー。と思ったけど後の祭り。補助金10万5千円は受けられず。

今となっては何を言っても仕方ないのですが、抽選にしてくれれば良かったのに。

出鼻をくじかれた思い。今日は飲んで寝ます。

Posted in 太陽光発電 | Tagged , | Leave a comment

[太陽光発電]導入検討(東芝240w x 42枚 10.08kwのプラン決定)

太陽光パネル設置プラン決定

先日、現調をしていった業者(東芝製パネルを提案)からようやく調査結果の連絡が来た。

1Fの屋根に4枚、2Fの屋根に38枚の、計42枚載せられる。というもの。

東芝太陽光パネル モジュール配置図

東芝太陽光パネル モジュール配置図



これで念願の10kw越えが実現となった。

市の補助金申請

さて、乗せられるパネル枚数がギリギリまで確定できなくてひやひやしたが、明日の市の補助金申請受付開始日に間に合った。

開始日1日で枠がはける激戦区らしいので朝イチで業者の人が列んでくれるとの事。

よろしく頼みます。。。

Posted in 太陽光発電 | Tagged , | Leave a comment