Tag Archives: 太陽光発電(設置工事)

[東芝太陽光]電線架け替え&売電メータ取付け

予定外の工事

副鼻腔炎を患って寝込んでいた土曜日の昼下がり、窓から見える近所の路上で

なにやら東電の下請けとおもわれる電気工事の業者が近所の電柱に登って

大がかりな電線付け替え工事をしていた。






近所で電線工事が始まった

近所で電線工事が始まった



そのあと家に電話がかかってくる。

これからお宅までの電線の架け替えと売電メータ取付けます。とのこと。

え?それって4日の午前の予定じゃなかったっけ???

売電メーター取り付けと東京電力の連係検査は週明けの2013/2/4(月)と聞いていた。

たまたま昨日は家にいたので、その工事の立ち会いを済ませることが出来たでよかったのだが



引き込み線取り替え工事

田んぼの真ん中にある我が家のために、引き込み柱があってそこまで工事が進んできた様子。

我が家の引き込み柱まで工事が進んできた

我が家の引き込み柱まで工事が進んできた



引き込み柱の上でぶらりとしてる電線をよく見てみると…

明らかに太くなる電線

明らかに太くなる電線



右の3本がこれまでの電線。左に赤・青・白のヨレヨレっとでてる線が新しく引かれて来た線。

明らかに太くなっている。

この引き込み柱から自宅までのびる引き込み線も交換していった。

自宅への引き込み線も交換

自宅への引き込み線も交換



このとき停電するらしく、作業員の方から停電しますが大丈夫ですか?と聞かれ

ちょっと待ってと、サーバやらをシャットダウンしに家に戻った。

留守にしてたらどうするんだろかと、ここでもいろいろ不信感が沸いたのだが。。

その停電中に引き込み線の付け替えと売電メータの取り付け、そしてこれまで付いていた買電メーターを交換していった様子。

10kw越えの太陽光発電システムの場合、契約前に全量買取か余剰買取かを選ぶ事になる。

ここで全量買取を選択するとシステム設置に伴う東電の設備取り替え工事(今回のような引き込み線までの電線架け替え工事)費用も負担しなければならない。

でも、ウチのような余剰買取であれば電力事業者負担でやってもらえる。

たぶんウン百万はする工事だと思われるが、この負担がないのは嬉しい。

逆にこちらで負担することになるんだったら10kw越え目指す経済メリットがない。

買電メーターと売電メーター

買電メーターと売電メーター



導通後、テスターで検電してた作業員の方が、98Vしか来てないとか言ってたのを耳にした。

お、電圧が低い事はありがたい。なぜかというと電気は高いところから低いところに流れるのだ。

逆に引き込み線側の電圧が高いと逆潮流せず、売電にならんのです。

いわゆる電圧抑制ってやつですね。

こいつが発生するリスクが少しでも少ないのはありがたいことです。

載ったまま仕事してないパネル…

載ったまま仕事してないパネル…



昨年、2012年12月に我が家の屋根に載った東芝太陽光パネル、

約2ヶ月間もの間、仕事しないで屋根を温めてくれていたけど

明日からはきちっと仕事してもらうゾー!

明日の午後、東電の検査員と設置業者とウチとで3者立ち会いで連係(発電)開始予定です。

明日の天気予報は曇りのち晴れ。

Posted in 太陽光発電 | Tagged | Leave a comment

[太陽光発電]連係日の予定と電力受給契約案内

電力受給契約の案内が届く

数日前に、

東電の売電メーター取り付けと検査が2月4日で調整できました。と業者から連絡が来ました。

それをもって発電&売電開始となります。

太陽光パネルを屋根に取付けてから1ヵ月半。

業者と工事の契約してから5ヵ月。長かったぁ~。


それに合わせてか本日、電力受給契約の案内が郵送されてきました。
  • 受給電力量料金率は「受給電力量1キロワット時につき42円00銭」
  • 発電出力は「10キロワット」
  • 料金適用期間は「料金適用開始の日から起算して240月経過後最初の検針日の前日」
と書かれてましたので間違いないようです。

ようやく発電の実感が沸いて来ました。


平成25年度の固定買取制度の買取金額


平成24年度の太陽光発電の固定買取価格は42円/kwh。

太陽光発電システムの設置コストがここ1年でも明らかに下がってきてるので平成25年度の固定買取金額はほぼ確実に下がる噂ですね。


個人的に今年度中に太陽光パネルを設置できたのはホント運が良かった。

昨年の夏は、自分の家で太陽光発電なんて頭の隅にも無かったのですがホントたまたま(何の前触れもなく)、太陽光発電っていくらぐらいで出来るんだろう?くらいの思いつきがきっかけで、まさか本当に設置する事になるなんて(笑)


さてさて。2月の連携開始が楽しみです。

Posted in 太陽光発電 | Tagged | Leave a comment

[太陽光発電]東芝太陽光パネル(240W)出力対比表

太陽光パネル出力対比表

納入された太陽光パネルの出力対比表が出てきました。

東芝の240wパネルですが対比表の結果、すべて定格以上の出力でした。

1枚あたり平均すると251w。どうやらアタリのようです。よかったー!

番号 測定出力(W)
1 248.91
2 251.85
3 252.20
4 252.13
5 251.65
6 251.84
7 251.90
8 248.41
9 251.76
10 252.02
11 248.82
12 251.09
13 252.91
14 253.48
15 251.63
16 248.67
17 250.88
18 248.36
19 252.23
20 252.14
21 250.59
22 246.94
23 250.93
24 252.96
25 253.30
26 253.34
27 250.69
28 252.75
29 253.73
30 252.41
31 252.94
32 253.60
33 247.30
34 253.19
35 253.21
36 251.26
37 253.36
38 251.11
39 252.24
40 250.14
41 251.02
42 251.19
合計 10561.08
1枚平均 251.45

Posted in 太陽光発電 | Tagged | Leave a comment

[太陽光発電]施工後の手直し工事

明けましておめでとうございます!

今年も本ブログをよろしくお願いいたします。

自己満足日記ではありますが、今年はもうちょっとマメにポストしていきたいと思っております。

太陽光パネル設置後の手直し工事

補強板のビスが垂木に通っていない!

垂木に打たれていない補強版のビス[太陽光発電]垂木に打たれていない補強版のビス

太陽光発電

2012/12/16に設置が終わった太陽光パネルですが、後日、屋根裏部屋を確認したところ

垂木から何カ所も補強板のビスが外れて打たれてるではないですか。

補強版ビスの増し打ち[太陽光発電]補強版ビスの増し打ち

太陽光発電

今後数十年は屋根のことで不安になって過ごさないためにも、屋根はしっかり施工して欲しかったので、業者に屋根裏の状況を連絡して昨年12/28に手直しに来てもらいました。

補強板のビスが垂木に通っていないところをしっかりと補修し、それ以外の補強板も全体見て直してもらい念のため全体の補強板取付け箇所にはビスの増し打ちをしたとのことです。(右の写真は再工事後に業者から作業報告としてもらったものです)

もし、屋根裏がのぞけるような場合は、自分の目で確認したほうが良いです。

支持金具取付ビスも野地板貫通

野地板を突き出た支持金具のビス(問題なし)[太陽光発電]野地板を突き出た指示金具のビス(問題なし)

太陽光発電

支持金具を取付けたビスも、補強板と野地板を突っ切ってこんな具合に突き出てます。

これは特に問題ないと業者の人が言ってました。

補強板枠とビス自体にコーキングされてるみたいなので業者の言ってることは正しいと思われます。

ストリングとアレイの解放電圧測定

7直列ストリングの解放電圧測定[太陽光発電]7直列ストリングの解放電圧測定

太陽光発電

この日、各ストリングの電圧測定(解放電圧)も改めて測定しその結果を教えてもらいました。

うちのパネルは7直列3並列×2アレイの構成です。

2つの接続箱に入ってくる3並列×2の6系統のストリングの解放電圧の結果は、各ストリング324V~326Vに収まっていてそこそこバランスとれている様です。

昨年中の連携開始できず

結局、昨年中の連携(売電)開始はできませんでした。

東電さん、少しでも早い調整をお願いしますm(__)m

Posted in 太陽光発電 | Tagged | Leave a comment

[太陽光発電]施工完了(2012/12/16)

本日は晴天なり

前日まで天気が悪く12/16の施工当日も、天気が悪ければ屋内電気工事のみてパネル設置は後日にさせてほしいと話をもらっていたので、天気が一番の心配事でした。

が、意に反して陽気のイイ晴天となり絶好の設置日和となりました。

設置作業開始

朝9:00にトラック3台に作業員8名が到着して設置作業開始。
当日現合(現地合わせ)の箇所がいくつかあったので、作業員の方と都度調整しながら設置は無事完了。

一日の様子を写真付きで紹介します。今回はちょっと画像が多いです。すみません。。

瓦を剥いでます。剥いだところに補強のベニヤ板を当てて、その上にフレームを支える支持金具が取付けられます。

太陽光パネル設置工事(東芝:支持金具方式)

太陽光パネル設置工事(東芝:支持金具方式)



近くで見るとこんな感じ。(これは1階の屋根部分の取付け作業)

太陽光パネル設置工事(東芝:支持金具方式)

太陽光パネル設置工事(東芝:支持金具方式)



フレームを取付けてます。

太陽光パネル設置工事(東芝240w:フレーム固定)

太陽光パネル設置工事(東芝240w:フレーム固定)



太陽光パネル設置工事(東芝240w:支持金具方式フレーム固定)

太陽光パネル設置工事(東芝240w:支持金具方式フレーム固定)



2階の屋根にもフレームを取付けていきます。

太陽光パネル設置工事(東芝240w:支持金具方式フレーム固定)

太陽光パネル設置工事(東芝240w:支持金具方式フレーム固定)



パネルで発電した電気を集める引き込み線。

瓦部分は黒いPFD管で、軒先からベージュのPFD管に変わってます。

なので変に目立たなくて助かります。

太陽光パネル設置工事(東芝240w:PV引き込み線)

太陽光パネル設置工事(東芝240w:PV引き込み線)



軒下の壁伝いに下におりていって、、、

太陽光パネル設置工事(東芝240w:PV引き込み線)

太陽光パネル設置工事(東芝240w:PV引き込み線)



この接続箱につながります。

うちは2系統の設置(7直列×3並列×2系統)のため、接続箱は2つになります。

太陽光パネル設置工事(東芝240w:接続箱)

太陽光パネル設置工事(東芝240w:接続箱)



こんな感じに下っていって、

太陽光パネル設置工事(東芝240w:PV引き込み線)

太陽光パネル設置工事(東芝240w:PV引き込み線)



接続箱につながりました。

太陽光パネル設置工事(東芝240w:PV引き込み線と接続箱)

太陽光パネル設置工事(東芝240w:PV引き込み線と接続箱)



接続箱を取付けた壁の向こう側の洗面所にパワーコンディショナー(略してパワコン)を付けることになりました。

意外とでかいですね。

左側の小さなボックスたちは太陽光ブレーカーとモニター送信機です。

太陽光パネル設置工事(東芝240w:パワーコンディショナー)

太陽光パネル設置工事(東芝240w:パワーコンディショナー)



パネルを載せていきます。これは1階の屋根。

太陽光パネル設置工事(東芝240w:パネル設置)

太陽光パネル設置工事(東芝240w:パネル設置)



2階にもパネルが載りました。

太陽光パネル設置工事(東芝240w:パネル設置完了)

太陽光パネル設置工事(東芝240w:パネル設置完了)



枚数も多い事もあり施工後の確認はができたのは日も落ち暗くなった18時。

でも一日で付いちゃうもんなんですね。

気になる発電について

今は東電の検査と売電メータ設置日の調整待ちなので発電(売電)はまだ先になります。

年内に発電開始できるといいのですが、、、

Posted in 太陽光発電 | Tagged | Leave a comment